管理標準作成のポイント

■ こんなことはありませんか?

  1. 「管理標準」作成を業者に丸投げする
    • 多額お金をかけて業者依頼したが工場調査時対応ができなかった
      (自ら汗を流して作成していないため中味がよく理解できていない)
    • お金はかけたけどほとんど現場で使われていない
  2. ○○○○等のサンプルを丸写しする
    • 作り方がわからないのでとりあえずサンプルをまねて作った
    • 時間をかけて作ったがほとんど現場で使われていない
  3. 省エネ法第5条告示第66号「判断の基準」を理解していない
    • 「判断の基準」でありながら基準は、5項目しかなく抽象的な表現が多く理解するのが難解である
    • 「管理標準」を作成したが法の要求事項に適合しているかよくわからない

〈その結果〉

  • 自社の実態に合った「管理標準」ではなく
  • ほとんど使えない、使わない「管理標準」を作ってはいませんか?

■ 「管理標準」作成のための注意点

1. 省エネ法との関連性を明記すること
  • 設備、システム等が判断の基準のどの項目に該当しているか、判断の基準の要求内容を理解して作成すること
  • 外部調査機関等への報告時役立つこと
2. ○○○○○○○等のマニュアルを丸写しないこと
  • 判断の基準を熟読、理解し自社にあった省エネのための「管理標準」を作成すること
  • サンプルは、あくまでもサンプル
3. 生きた「管理標準」を作成すること
  • 無理な設定、実行できない形式的なものでなく実質的に役立つものを作成すること
  • 技術的、経済的に可能な範囲から作成し、徐々にきめの細かい管理を徹底すること
4. 省エネ活動に生かせる「管理標準」を作成すること
  • 「管理標準」を作成する目的は、省エネ活動に生かすこと
  • 「管理標準」に省エネのポイントを入れ定期的に見直しすること
    (管理標準が毎年進化すること)
5. 常に最新のものとすること
  • 定期的に情報を収集する仕組みを作り必要に応じて改訂すること
  • 専門家にアドバイスを受け見直しを実施すること
6. 同型、同等設備は、一括管理の「管理標準」でもよい
  • 同じものを何枚も作らず部分的に異なる場合はその部分について区別して記載してもよい
7. 自動制御、コンピュータ管理でも「管理標準」に記載すること
  • 概念、特徴を記述し制御の目標値を明示すること
  • プログラム化されている場合取扱説明書を引用してもよい
8. 分かり易い(新人、調査員等)「管理標準」を作成すること
  • システム図等で管理する範囲を明確にすること
  • 日常、運転管理者等が行っている運転管理、計測記録を生かす
9. 既存に存在する計測記録、点検日誌等を有効に活用すること
  • 二重に作成せず既存の記録、点検日誌等の基準、規格を準用し一元管理する(例:○○日誌の○○部分を準用する) 
  • 但し、 「判断の基準」に適合した追加、見直しが必要(計測記録、保守点検表等)
お問合せフォームへ

下記資料(PDF)を無料配布しております。 お気軽にご請求ください。

■本社機能の管理標準書(サンプル)
■工場の管理標準書(サンプル)
■事務所ビルの管理標準書(サンプル)

メールアドレス info@npo-eesc.org までご連絡ください。
ご希望の方は、会社名、ご担当者名、ご連絡先、ご希望の資料をご記入ください。
⇒ info@npo-eesc.org