平成22年度工場現地調査の概要

■ 調査対象(平成13年度より実施)

  1. 業種指定調査(平成21年度:約470工場、事業所等実施)
    • 食料品製造業の3分の1程度 (産業分類 09)
    • 輸送用機械器具製造業のうち全体の3割程度 (産業分類 31)
  2. 無作為抽出調査(21年度第1種工場100工場、第2種100工場実施)
    • 平成18年度より新たに実施されたもの
    • 第1種、第2種エネルギー管理指定工場全体から無作為に抽出した約200工場
    • 但し21年度業種指定調査を実施した工場は、除く
    • 平成22年度に指定された特定事業者又は特定連鎖化事業者の本社機能を有する事務所 約10か所

■ 調査実施時期

平成22年6月頃~平成23年3月(予定)

■ 調査方法

  1. 調査日程の調整及び事前調査書の作成依頼
    委託調査機関より調査予定日の連絡、事前調査書の作成依頼がある。事前調査書を1ヶ月以内に委託調査機関に提出する。
  2. 調査の実施
    調査員(1~2名)が調査予定日に訪問し事前調査書に基づき、省エネ法第3条の実際の実施状況を調査するとともに第5条による判断基準遵守状況と「管理標準」作成状況を通じて評点評価する。

■ 工場現地調査のフロー図

工場現地調査のフロー図

下記資料(PDF)を無料配布しております。 お気軽にご請求ください。

■本社機能の管理標準書(サンプル)
■工場の管理標準書(サンプル)
■事務所ビルの管理標準書(サンプル)

メールアドレス info@npo-eesc.org までご連絡ください。
ご希望の方は、会社名、ご担当者名、ご連絡先、ご希望の資料をご記入ください。
⇒ info@npo-eesc.org